UNITYDESIGN

Megacity Skeleton 2 (メガシティの小さな躯体2)

Megacity Skeleton 2

exterior09 exterior01 exterior12 interior01 interior02 interior03 interior09 interior14

Megacity Skeleton 2 (メガシティの小さな躯体2)

2016 / Category: residential, public facility

アジアメガシティ・ジャカルタの高密度居住区チキニにおける実施プロジェクトである。2013年に竣工したMegacity Skeleton 1のコンセプトを踏襲しつつ、新たに「水」と「運営スキーム」を発展させた。

人口100万人超を抱えるメガシティであるジャカルタは、これまで、豊富な自然河川に下水を依拠してきたが、高密度化と近代化による水質汚染、環境悪化が深刻となっている。ここでは地域の共同水場のリニューアル(1階)により、マスタープランによる幹線下水道の整備が進まない状況における、高密度居住地域の実情に即したコミュニティ排水空間の提案をするとともに、2階にはレンタルルームを計画することで、長期的な維持管理マネジメントスキームを提示している。

構造:RC-2階
規模:30㎡
住所:ジャカルタ
共同設計者:Megacity Design Lab
構造設計者:鈴木啓/ASA
写真家:Megacity Design Lab

Megacity Skeleton 2

2016 / Category: residential, public facility

Jakarta, one of the mega-cities which have a population greater than one million, have historically utilized rich natural rivers as open-ditch sewage. But, through rapid civilization and density growth, the river contamination and environmental degradation has become significant. Here I introduce our participatory design and construction project which install community sewage system reflecting the actual condition of high density residential area in Jakarta.

 

Structure: RC-2stories
Area: 40㎡
Place: Jakarta, Indonesia
Collaborator: Megacity Design Lab
Structural Engineer: Akira Suzuki/ASA

DETAIL