UNITYDESIGN

蒲田G邸

Kamata G House

1801 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14

蒲田G邸

2016 / Category: residential, renovation

築60年近くになる⽊造2階建て住宅の既存躯体を残しつつ増改築したプロジェクトである。

〇計画のポイント
1.築60 年の既存⽊造住宅( 四号建築物) に対し、緩和条件適合図書を作成しつつ適切な意匠・構造計画により建築確認を受け、検査済証を取得しました。
2.既存を挟み込むような増築を施すことで、構造補強と外観の⼀新・⾃由度の⾼い内部プランを実現しました。
3.既存建物の建材を積極的に再配置利⽤し、建築が物質の循環の⼀定着断⾯として現れることを意図しました。
4.過去から未来へ連続する時間に対し開かれた家を⽬指すため、物質や構法に時間軸上の序列の整理と反転を与え、新旧の混在した空間性を獲得することを⽬指しました。
5.のちの⽣活や空間の再編集に対する⾻格(インフラ)となることを意図し、光の⼊り⽅に応答した抽象的な空間を挿⼊しました。

構造:木造2階
規模:102.12㎡
住所:東京都大田区
共同設計者:土橋 悟/ 株式会社 都市環境研究所
構造設計者:遠藤俊貴/ EQSD 一級建築士事務所
写真家:堀田貞夫

Kamata G House

2016 / Category: residential, renovation

W-2stories
102.12㎡
Tokyo, Japan
Satoru Tsuchihashi /Urban Design Institute Co.,Ltd.
Toshiki Endo / EQSD
Sadao Hotta

DETAIL